上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
宮木あや子さんの『セレモニー黒真珠』という本を読みました。

葬儀屋さんで起こるラブコメで
いたって暗い内容でもないのだけど
その中で気になったのが
「結婚式では良い・悪いあるけど、葬式では聞かないな」とかそんなセリフ(苦笑)

2013-03-10 16.56.44

葬式は故人を偲ぶものであり
それまでの故人の人間関係・家族関係が露わになるというか…。
そういうことを感じました。
本自体は面白かったです、まさにブラックジョークも多いけど
ラブコメらしかったです。
あたし、宮木あや子さんの作品好きなんですよね。
久しぶりに読んだけど、好きになれた一冊。

それで今日の日記。
この本を読んで、そこから連想したこと・・・。

あたしの葬式って考えたことなかったけど
人間だからいつか死ぬんだし(!)、
そのいつかがいつかわからないんだけど、
確定事項であるわけだからその後、
あたしが今持っている人形達がどうなるのだろう、と
本を読んだ後、思ったわけです。

死ぬ時期がわかっているなら
それに向かって荷物整理をするわけだけど
(それは引っ越しと同じで)
死ぬ時期がわからない予期せぬ時に死んだ場合、
どうしたらいいのか決めた方がいいかなと感じました。

生命保険みたいなことを言ってるwww(←失言)

人形はある意味、形代のようなものだから
死んだ後、全部を残してて、となんて
旦那さんには言えないしなぁ~。
ついでに「もらって」「もらう」とかいう
形見分けをブライスでするのもなぁと考えてみたり。

あたしが死んだ後、人形があったら困るかもしれない。
ついでに生きている人が困惑し疲労困憊しそう。

あたしはどうして欲しいのか?と聞かれると
すごく困るんだよね、その質問は。

「死んだ後、そのドール達どうするのか?(約60人)」

問題が大きくて対処に困る。
善処します、としか言いようがない(爆←

単に「捨てる・処分する」以上の付加価値というか
形代のような…、
人形を処分するのはきっとためらうはず。

処分されてしまうのだろうか、あたしのブライスは?
今はちょっと笑って済ませられるけど
実際問題、少し考えておかないといけないなぁと感じました。

死後だから生きている人の意志に任せるしかないにせよ
なんらか手がかりは残すべきだろうか、
意志を伝えるべきかなと思って
旦那さんに率直に訊いてみました。


つ「あたしが死んだら、ブライス達どうする?」
夫「考えてない」

パコーンって頭を軽く叩かれるような即答w(笑

つ「ちょっと考えてみて」←追い詰めるww
夫「んー、多分取っとくだろうな」

えーーーーーーーーーー!!???って
思わず叫んでしまったあたしww(爆)

自分で訊いておきながら
意外な結果でツッコんでしまったw

この、「えーーーー!」には、
なんていうか深い意味があって。
簡単にそういうことを言える夫にびっくりしつつ、
それしか回答権がなかったような気もしないでもありつつ。

さすがにブライス大量(本体+服+ドールハウスもろもろ)で
比重的にも心労としても重かろうと思ったのにな。

死ぬと人が一人消えるだけじゃなくて
その人の荷物だけがたくさん残るっていうのが現状。
そしてそれを捨てるに捨てきれないっていうあまりに
何年も処分に時間がかかったり、
どうしようもなく手が付けられない空間ができてしまったり。

(もうちょっとブライスの服を整理したりして片づけていた方がいいかしら)と
チラリと心の声が浮かんだのは内緒。

服は制限なく増えていくものだからww
今日も昨日縫った新しい春コート来てるし、アンブロージオwww

なんだかとりとめないお話になっているのだけど。
最初はすごく真剣だったんだよ。

とりあえず「もしも」に備え、
今出来ることをしておくしかないか。
てか備えていると意識してしまって反対に怖い気もするが。。。

一応持っているブライスの年代と
リストも作っておこうと思ったあたし。
(ブライス本に所有しているのを印つけるぐらいww)

死んだら所有できるものもできないわ。
当たり前だけど、再確認した次第です。

もしも、の仮定の話であっても
なんとなく想像してみて。
結構考えちゃう。
うちの旦那さんがコレクターとかの趣味ないので
持ち物少なくて、その反対の立場から、っていう視線が
いまいちあたしの中でわからないんだよね。

2013-03-10 17.01.08

いまいち話に区切りがなくなってしまった…。

死んだ妻が残した人形をたくさん所有している旦那、っていうのも
なんだか切なくて哀しいし
ある意味気持ち悪いと感じる人もいるかもねぇ。
どうしたことか。

どうなるのかわからないけど
今見えている日々を一生懸命ブライスと遊ぶしかないw(爆)

ってな訳で、話のオチも決まらないんだけど
アンブロージオに新しいお洋服を作ってあげました。
リバティプリントで春ワンピ。コートにしたらよかったかな。
雑誌の型紙を使ったんだけど
ぴったりサイズ+膝丈上のワンピに仕上がり、
凄い若々しいお洋服になってしまいました(爆

だから写真では加工してヴィンテージ風に♪
今日お出かけで素敵な縮緬の布を買えたので
ちょっとそれでワンピ作ってみます~♪


お越しくださいまして
ありがとうございました。
にほんブログ村 コレクションブログ ブライスへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。