上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013-03-21 18.37.46

春の小さな小花が咲いている芝生に寝転んでみる。
そんな日々があたしにあったのはいつの日か、遠い日々となった今。
この子のその視線はどこをみているんだろうか。

木漏れ日の中で金髪が光を受けてきらめく。
胸元のネックレスは髪色と同じレモン色を飾る。

みえているものの先に何があるか
人間のあたしにはわからない。
感じることもできない。
ただ同じ空間に一緒にいられるだけ。

撮影した瞬間、「ああ、今おんなじ時を刻めた」と感じた一枚。




…………

先週の遠出の影響か風邪模様のつぐみです、こんばんは。
体調崩して寝てばかりいます(苦笑)
薬の影響もあり起きている時間の記憶も曖昧。

なんてぼんやりした春を過ごしているのだろうか!
寝て起きて天井見上げて溜息つく。
ただじっと天井を見て、これからどうしよう、
どうしようかと考える今日にいたる数日間。
まだ一人で遠出は無理だったのね。

いつになったら一人で生活できるのやらと
真剣に考えるんだけど、
その先の未来予想図は出来てなくて。
ただただブライスと旦那さんと一緒だったらいいなーってぐらいで。

聴きたい音楽はひとつもない、といえないけど、
そんなになくて。観たい映画もないままぼんやりしている。
何かすることを探しているんだけど、特にすることがなくて
手持無沙汰で困ってしまう。

こんなの、生活が忙しい人からすると嫌味になるのかもしれないけど
なにもすることがない、なにもできないというのはある意味苦痛なんだ。

この数日間は魂抜かれたようになって
人形を触るどころでもなく、服も作れず、ただぼんやりしてる。
あたしの中のコップが溢れるまで
きっとこのままぼんやりなのかなぁ・・・。

上の写真を撮った時、その生き生きした表情にびっくりした。
撮影しているあたしも楽しんでいるけど
撮影されているブライスも楽しんでいるのね、と感じたから。
その見ている向こうにはなにがあるかわからないけど
瞳はきらきらと輝いて、絶対的な『未来への信頼』を感じる。

その瞬間、ブライスになりたい、って思った。



~~『宇宙飛行士への手紙』~ Bump of Chicken

踵が二つ 煉瓦の道 雨と晴れの隙間で歌った
匂いもカラーも想いだせる 今が未来だった頃の事

蜘蛛の巣みたいな稲妻が 空を粉々に砕いて消えた
ジャンル分けできないドキドキ 幼い足 ただ走らせた

どうやったって無理なんだ 知らない記憶を知ることは
言葉で伝えても 伝わったのは言葉だけ

出来るだけ離れないで いたいと願うのは
出会う前の君に 僕は絶対出会えないから
今もいつか過去になって 取り戻せなくなるから
それが未来の 今のうちに ちゃんと取り戻しておきたいから

ひっくり返した砂時計 同じ砂が刻む違う2分
全てはかけがえのないもの そんなの誰だって知ってる

トリケラトプスに触りたい ふたご座でのんびり地球を見たい
貰った時間でできるかな 長いのかな 短いのかな

どこにだって一緒に行こう お揃いの記憶を集めよう
何回だって話をしよう 忘れないように教えあおう

死ぬまでなんて嘘みたいな事を 本気で思うのは
生きている君に 僕はこうして出会えたんだから
そしていつか星になって また一人になるから
笑いあった 今はきっと 後ろから照らしてくれるから


出来るだけ離れないで いたいと願うのは
出会う前の傷を 僕にそっと見せてくれたから
死ぬまでなんて嘘みたいな事を 本気で思うのは
生きようとして 生き抜いた 稲妻を一緒にみられたから

ラララ


♪ ~~~~~~~~~~~~


フレーズが好き。
今聴きたいのはこれだけ。



お越しくださいまして
ありがとうございました。
にほんブログ村 コレクションブログ ブライスへ
にほんブログ村

スポンサーサイト
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。